藤原恭太が背番号2から背番号1に変更、驚いてブログ更新

お久しぶりです。いつ再開しようか悩んでいるうちにマリーンズが優勝争いをしていて、みもみんがブログ再開してリーグ優勝を逃したら嫌だな~と思って、更新していませんでした。まあ色々忙しかったりしたのが、原因ですけどね。更新したい時に更新するのが、精神的にも肉体的にも健康になれますよね。

背番号1は、当分永久欠番かと思ってました

マリーンズファンの多くは、背番号1については当分「日本人」はつけないのではないかと思っていたのではないでしょうか?みもみんはそう思っていました。来年つけるとしても、助っ人外国人がつけて、数年間経過したら日本人がつけるものと思っていました。または、数年間空き番号としてつけるのかと…。

それが、将来のマリーンズレギュラー候補、いや夏場は不動の2番バッターの活躍をしてくれた藤原恭太が背番号1を背負ってくれるのは嬉しい限りです。今年のマリーンズのニュースの中では、「謎の魚の引退」よりも上の驚きニュースでした。

2021最終戦最後の魚の勇姿

若手の藤原恭太、安田#5、山口#51と物足りない成績だったという人もいますが、この年代では十分な活躍だったと思っています。今年3番を打っていた中村奨吾#8でも、しっかりレギュラーになったのは4年目からです。しかも大学卒ですし。これから若いバッターはまだまだ「伸びしろ」がありますし、井口体制が続くのであればまだまだチャンスはあると思います。

たまたま買っていなかった

実は、藤原恭太グッズは欲しいと思っていましたがまだ持っていません!安田#5と佐々木朗希#17は、背番号付きを買っちゃってるんですよね~。来期背番号1の藤原恭太グッズを買うのが楽しみです。

今年は何やってたんですかね~

5月からブログ更新してませんでしたが、マリーンズ戦は15試合くらい観に行ってました。一人で観に行ったり、みんなで観に行ったり、家族で観に行ったりと色々な観戦スタイルで行きました。結局のところ、大声での応援ができないこともあり、試合途中で帰ったりとどうも応援に身が入らなかった印象です。

10月30日のマリーンズ最終戦は1人で観に行ってましたが、南#33の引退ピッチング以外はいいところもなく、結局セレモニーまで観たけど、CSは行く気になれなかったです。でも日本シリーズは申し込みしてみた…。

最後のリリーフカー

南の最後のピッチングはストレートも確か147キロくらい出ていて、感動しました。2018年の国指定の難病「黄色靱帯骨化症」からの復活ピッチングは泣けるものがありますね。応援で声出せなくても、選手一人ひとりに感動できるストーリーがあるのも、いいところです。

久しぶりなので、たくさん書いてしまいましたが一生マリーンズファンなので、お忘れなく。さて次回はいつ更新するのやら…

 

5/14 劇的同点マリーンズ4-4ライオンズ

前半は、耐える試合

マリンに着いたのが2回表あたりだったので、初回の失点とマリーンズの拙攻は見ていませんでした。よくある試合ですと、初めの方で拙攻ばかりしていくうちに、投手陣が崩れるという定番の負け試合ですが、石川#12はランナーが出ると本気を出す感じのピッチングですので、2回からはずっと先頭打者を出しながらも粘り強く投げていたイメージでした。今日は捕手が佐藤都#32だったからか、ストレート勝負が多かったと見ていますが、佐藤のリードのせいなのか、石川のせいなのかはんなんとも…。ついていないピッチャー強襲だったり、フィルダースチョイスだったりだったので、まあ「ツイテない」って感じのピッチングでしたね。

打撃陣にも粘りなし

長い長いライオンズの攻撃に対して、マリーンズの攻撃はすぐに終わってしまいます。2回以降はライオンズ先発高橋が立ち直ってなかなか打てなそうな球を投げてましたね。またいい当たりでのゲッツーなどで、ライトスタンドの観客の溜息が大きかったです。

その中でも安田#5のホームランは美しかったです。今年はマリンに行くと、良い確率で安田のホームランを見ることができるのでラッキーです。この日は、ストレートを超ライナーでラグーンにホームランでした。その次の打席もライナー制の左方向へのヒットでしたので、安田は振れていた感じがします。

守備は凄いエチェバリア

ショートエチェバリア#55は、守備では素晴らしい動きをしていました。かなり強い打球が飛んでいたはずですが、スタンドから見ると好プレイ多かったです。守備面では、当初の予想通り素晴らしい活躍してくれそうです。ただし、バッティングは併殺が2つに三振などいいところを魅せれませんでした。ただ、併殺の2つも「いい当たり」でしたので、そんなに悪くないかも

エチェバリアよりも山川と井上の並びが( ´∀` )

2点差を支えた中継ぎ陣

石川が6回で降板してからは、7回小野#37、8回河村#58、9回土居#69でした。この3人皆さん防御率が悪いのですけど、そうは思わせないピッチングでした。特に小野のピッチングは「鬼神のごとく」でしたね。あのピッチングを毎回やってくれるとかなり期待できます。小野や河村は、顔つきが「強気」に見えるのでなんかリリーバー向きですよね。

つまらん試合を変えてくれたのはレアード

9回裏に入る時点で、結構家路に帰る方多かったです。安田のホームランや救援陣の好投はありましたが、打撃陣がライオンズの投手をうてるとは思えない展開でしたので、「つまらん試合だな」と思いながらの9回裏でした。そこへレアード#54の打った瞬間のホームランでしたので、サヨナラレベルの喜びようでした。普段は点が入ってもハイタッチ(エアです)はやらないのですが、興奮しすぎてエアハイタッチしてました。それくらい起死回生の一発だったと思います。

そのあとも井上#44や鳥谷#00の美しいヒットが見れて、2死満塁までは行きましたが同点修了。それでも、9回が始まる前の絶望感に比べるとかなりアドレナリンの出た試合でした。試合後にジムでトレーニングしちゃいました(アドレナリン出てて、重いのもてちゃう)

一番ダメージ大きいのは、ライオンズの救援陣かも。次回以降は平良を抑えで使うのでは?と思ってます。

 

5/9 粘りの勝利 マリーンズ7-4バファローズ

コジマ投手初勝利←「オジマだよ!」おめ~

午前中に幕張温泉「湯楽の里」に行って、IKEAで昼食食べて家に帰ってきたら、ちょうど3点とられたとこでした。小島#43は立ち上がりが悪い方ではないので、意外でした。攻撃陣が1回裏にすかさずマーティン#79とレアード#54のタイムリーで2点とってくれたのが助かりました。その後はランナー出しながらでしたが粘りのピッチングでしたね。いつも6回に崩れることが多いので、田中靖#47などリリーバーのチカラを借りましたが、試合自体はいつも作っていたいましたので、まずは「今期初勝利おめでとうございます!」

今日は、ハーマン#42がホームラン打たれましたが全体的に唐川#19、益田#52と悪くなかったです。今年は、田中靖が安定して投げてくれているので、勝ちパターンがなんとかなっていますね。昨日に佐々木朗希#17、今日は本前#49とファームでも先発が安定していますので、なんとか中継ぎの勝ちパターンでもう1枚欲しいところです。う~ん小野#37の予定なんだけどな~。

打線は活発で良しよし

1番荻野貴司#0から3番中村奨吾#8まではしっかり繋いでくれるので、4番以降の誰かが返してくれますね。最近安田#5がすこしお疲れのようですが、レアードが元気になってきたのでうまく得点がとれています。全体的に打線は良い感じなので、このまま調子のいい選手の起用をお願いしたいです。特に7回裏のレアードに代打高部#38は結果的にいい作戦でした。高部はバントもうまいですね。

一番驚いたのは、柿沼#99の同点ホームランですね。外角のいい高さのストレートだったと思いますが、左中間の深い場所まで飛んでいきました。う~ん、柿沼にあんなチカラがあったとは。他球団のスコアラーの方々要チェックですよ!

バファローズに2勝1敗で勝ち越し

結局、初戦で勝ち星がついたのでバファローズとの3連戦は勝ち越しました。これはいい投手起用と打線の組み方だったと思います。ゴールデンウィークの意外なお休みを効果的に活かせたことが大きいですね。このまま交流戦までいい感じで行って欲しいです。

 

5/7 雨中の石川で勝利 マリーンズ7-5バファローズ

石川歩7回4失点で2勝目

5/2と5/3に野外フェスに行った後、仕事だったのですがだいぶ疲れてすぐに就寝してました。ジムにも行かず体調を崩していたのですが、元気はつらつと生き返りました!というわけで仕事帰りのジムで、中村奨吾#8のタイムリー観てました。今日は雨が降っていてマウンドが悪い中でしたが、四球出さないでよく投げていたと思います。特に低めのストレートは走っていたように思えますし、カーブも良い感じで決まっていました。だからこそシンカーがうまく決まっていましたね。対するバファローズ山岡は、足場の悪いマウンドで苦労しているように見えました。失投でホームラン打たれたりしていましたが、この雨の中で7回までしっかり投げ切るのは、さすが石川です。今年石川のピッチングを褒めたのは今日が初めてかも。これから、調子上がっていくと嬉しいです。ちなみに3連戦の初戦石川#12で2戦目美馬#15って相手は嫌だと思う。3戦目は鈴木昭#35かな。

危ういリリーフ陣

こちらは雨はだいぶあがっていたので、マウンドは荒れてたけどいつもの事。唐川#19はジョーンズの走塁に助けられました。益田#52もいい球は投げてたけど、高めに入ってしまいました。もう8回唐川、9回益田しかいないのですが、夏場に向けて少しばかり不安が募ります。

ごっちゃし井上#44 1号ホームラン

好調の角中#3がヒットで出て、レアード#54が死球。無死12塁でどんなバッティングするのかじっくり観てました。やはりライト方向のバッティングでしたが、ホームランになるとは思いませんでした。さすが井上です。シーズン前半は出遅れて、山口#51にその座を奪われそうになっていましたが、存在感を出してくれましたね。これは首脳陣の起用が上手だったと思います。やはり下位打線に井上とかレアードとかいると嫌ですよね、そのレアードも貴重な2点タイムリーをたたき出してくれました。マリンはホームランでやすいのでこの大砲2人に、4番安田#5と相手ピッチャーは嫌だと思います。さらに5番に好調角中を挟んでるし。

佐藤都志也#32も初ヒット

田村#22が怪我しているので、やはり佐藤都には、打つ方で魅せてほしいです。鋭いスイングでの美しい打球をもっと見たいところです。明日は、左投手の田嶋ですので柿沼#99スタメンかな?ショートもなんとなくエチェバリア#55がスタメンな感じがします。何せ4日間試合なかったので、いろんな選手を使ってきそうな感じがします。特に野手は良い調整ができている感じがしますね。マーティン#79は山岡のスライダーは全く打てませんでしたが、明日以降は本領発揮してくれそうです。

ファイターズもコロナで大量に選手が抜けていますが、しっかり勝利していましたね。マリーンズもそうでしたが、コロナで選手入れ替わっても結構シーズン戦えちゃったりするんですよね。やはりパ・リーグは層が厚いな~と思います。

 

4/29 ライオンズには1勝2敗定期 マリーンズ5-2ライオンズ

3タテされそうでされない

ライオンズとの3連戦は相性が悪くいつも負けが先行してしまうイメージです。昨日と一昨日もほぼライオンズペースで試合が進んでいた感じですね。もともと打線の強いライオンズに、今年は中継ぎ以降が安定しているため、後半での逆転が相当難しいです。そんな中本日はレオネスマーティン#79の10号ホームランがいきなり飛び出しました。また井上#44や高部#38がタイムリーで一挙4点先制!いい感じの先行逃げ切りでしたね。

にしても、ライオンズは松本を先発で使った方がマリーンズに関しては抑えられそうなんだけどね~。先発がそんなに安定していなくてローテピッチャーに苦労しているからこそ、マリーンズがなんとか1勝できるんですよね。

岩下#46 3勝目!

今年の岩下は四球を怖がらずに、勢いのあるストレートとフォークで良い感じに投げていると思います。また昨年までは、初回の立ち上がりで点を取られるケース多かったですが、初回に点を取られたのを、久々に見ました。実は初回に打たれておくと。しっかり6回まで試合作ってくれるんですよね。不思議です。今年のマリーンズローテピッチャーの中では、美馬#15と並んで安定したピッチングの期待できる投手だと思います。

今日は勝ちパターン安泰

3点差でしたが、久々にハーマン#42→唐川#19→益田#52のいい勝ちパターンが見れました。よくよく考えると、9連戦の3戦目の初戦で石川#12が敗戦投手ながら完投したのって、リリーフ陣からしたら、すごく効果的な完投だったんですね。今年の石川はあんまり良く見えないのですが、さすが石川です。今日は3人とも登場でしたが、ハーマンと唐川は2戦連続だったので、明日はお休みで田中靖#47や千隼#11あたりがでてきそうです。

田村の怪我とショートストップ

田村#22の怪我は重そうですね。ただ柿沼#99もリード面は安定してますのでうまくやりくりできそうなのと、佐藤都#32の代打が使えるのも面白いと思ってます。そして、ショートですがそろそろ藤岡裕#4の好調が止まってきたような・・・。ファームではエチェバリア#55がしっかり打っていますので、GW中の昇格があるのかが見興味あります。そういえば、佐々木朗希#17もGW中に登板なんて記事もありましたが、今のところ先発ローテで登板はなさそうだけどな~。

 

マリーンズ超前半戦を振り返る

開幕5連敗から貯金3まで回復

開幕5連敗は、ホークス&イーグルスが相手だっただけにキツイ試合多かったです。しかも逆転負けだったり、完封負けだったり精神的にもツライ結果でした。ハーマン#42や益田#52が打たれた時には「この後どうなるんだろう?」という心配が大きかったです。その中でも、先発投手陣が比較的安定していたのが、救いでした。だいたい6回か7回に相手打線に捕まるのが定番だったですが、試合はしっかり作ってくれていました。リリーフ陣は少し入替ありましたが、先発投手陣の安定感は貯金3までの回復の原動力ですね。現在では本前#49と二木#18がローテから外れてますが、また戻ってきそうですし、石川#12はイマイチですけど中村稔#48も悪くないです。

リリーフ陣は田中靖、千隼に支えられる

抑えの益田#や勝ちパターンの唐川#19、ハーマンも大変なポジションですが、田中靖#47や千隼#11のように負けてるけどせっている試合での登板や、前のピッチャーが残したピンチに出てくるピッチャーも大変だと感じます。先週は佐々木千隼が大活躍でしたし、田中靖もいいところで抑えてくれてます。結構リリーフ陣を支えてくれてる感あります。河村#58や土居#69がもっといい場面で活躍できるようになってくれると、もっと強くなりそうですよね。そして、一度二軍調整していた小野#37がどれだけいいピッチングしてくれるかは、これからのシーズンでは大事になりそうです。

打線は文句なし

もういう事はないでしょう!1番から5番までしっかり活躍してくれてます。そして二軍でもみんなパカパカ打っていますので、「誰が」とういうのはないですが、あえて挙げるなら中村奨吾#8だと思っています。出塁率や打点など3番バッターとして理想的かと思います。もちろんマーティン#79と安田#5に挟まれているので目立ちませんが、繋ぐ野球をしっかりやってもらっていると思います。岡#25も良い場面でのタイムリーや劇的なホームランは印象的でした。

もう一人はショート藤岡裕#4ですかね。開幕は鳥谷#00にスタメンとられましたがバッティングで存在感を魅せれました。ここ何試合で打率落ちてきているのが気にはなりますが、ここまでの試合では藤岡のバッティングは良かったです。

守備は素晴らしいけど

マリーンズで1人だけ置いてけぼりだったのが、藤原恭大#2でした。安田同様に練習試合からオープン戦、開幕とずっと一軍帯同していたのですが、藤原恭大の強みである「強い打球」がなかなか飛んでいなかったのが気になりました。また守備ではスーパープレーが多くでましたが、盗塁という意味では少し物足りなさを感じました。ただし、ポテンシャルがある選手なのはみんな認めていますので、そのうち戻ってきそうですね。

それを阻止しそうなのが、高部#38です。角中#3タイプなので、井口監督はあまり好きではなさそうですが、幕張の安打製造機になる可能性は大いにある選手だと思います。外野手は競争激しいのでなかなかいい出番がないですが、角中も最初そうでしたので頑張ってほしいですね。

これからの注目点は?

打線は良い時期と悪い時期あるので、あとはどう「1点をつかみとる」かだと思います。やはり「脚」はさらに使っていきたいところですので、岡#25や和田#63あたりがキーマンかもしれないです。投手陣はやはりリリーフ陣がどれだけ踏ん張れるかだと思います。確かに佐々木朗希#17の登板とか石橋貴明の始球式あたりは楽しみですけどね~。

 

4/25 今週末負けなし マリーンズ8-5ホークス

土日はマリーンズ、ジェッツ、レイソル全部勝ち

マリーンズは土日に打線が爆発して、ホークスに勝利。この3連戦を2勝1敗と勝ち越せたのは今後にとってはプラスですが、少し投手陣が打ち込まれているのが心配です。その中でも小野#37や井上#44などが一軍で活躍できるようになったのはプラスですね。

千葉ジェッツふなばしは、先週川崎に負けて地区優勝はなくなりましたが、チェンバースのいる横浜に週末2連勝でした。冨樫勇樹#2がシーズン当初よりもだいぶ調子を取り戻してきたことが大きいですが、怪我人も多いですし、宇都宮や川崎には戦力的に劣る感じはします。ただしファイナルは2戦先勝の勝負ですので、勝ち残るために頑張って欲しいです。

柏レイソルは、徳島に圧勝でした。シーズン初めは、助っ人の来日が遅れて降格圏をさまよっていましが、やっと本来のチカラを取り戻しつつありますね。オルンガの抜けた穴どうこうのレベルではなく、攻撃は違うチームに生まれ変わる感じでないと厳しそうです。攻撃が江坂頼みなので、もっとバリエーションが欲しいな~と思ってます。

ドラ1 鈴木昭汰初勝利!おめ~~~

ずっといいピッチングしていた鈴木昭#35がやっと初勝利。今日は強力ホークス打線にピンチの連続でしたが、ピンチでは強気のストレートで気合のピッチングでしたね。ガッツポーズが出るのも気合入っている感じで好きです。井上#44の好守もあり、バックも盛り立ててくれました。現状ではしっかり6回まで試合をつくってくれるので、7回までとか贅沢なことはないです。今シーズンは序盤から1回1回抑えていくピッチングで頑張っていって欲しいです。

小野#37も気合のピッチング

鈴木が作った7回のピンチを気合のストレートで抑えた小野はいい感じでした。なんとなくスライダーで逃げ気味のピッチングよりも、ストレート主体のピッチングの方が好みです。マリーンズ風にいえば、昨日引退セレモニーの内や伊藤のようなストレート&縦スラのみで抑えていくピッチングで十分だと感じています。小野がいいところで抑えてくれると、マリーンズ中継ぎも安定しますので期待します。ホークス相手だと、河村#58や土居#69が今のチカラでは通用しないので、小野や田中靖#47あたりが頼りですね。最終回の佐々木千隼#11も、なんかハラハラしましたが、今シーズンのブルペンにはなくてはならない投手になりそうです。

安田砲&山口砲のYY(ワイワイ)砲

出ました!安田&山口のワイワイ砲。やはり安田は甘い変化球は、スタンドまで運べる確率が高いです。そして、それより怖いのは山口#51のフルスイングですね。今日のホームランはホームラン打者の飛球でした。さらに山口は逆方向のホームランもあるので、この右と左の日本人長距離打者は、楽しみしかありません。ホームランランキングでも、1位レオネスマーティン#79の8本に続いての安田5本ですので、このまま試合出続ければ、山口も追いついてきそうです。

井上晴哉おかえりなさい

ファームでも安定して打てていましたので、まずはおかえりなさいです。マリーンズも安田や山口などの若いバッターが目立っていますが、井上のパワーはやはり相手にとって嫌なイメージあると思います。今日は高部#38がスタメンではなかったのですが、「脚」が使えなくなるのが井上やレアード、山口を使う時の欠点かもしれません。それでも「調子のいい選手」を使っていく作戦であれば、オーダーのバリエーションも増えるのでまあいいかもしれないです。来週からの打線に注目ですね。

 

4/24 乱戦制す!マリーンズ11-9ホークス

昨日一昨日と更新さぼりました。試合は半分くらい見てたのですが…switchの「桃鉄100年」をやっていて更新さぼりました。う~んゲームにハマるのはホント良くないね。本日は、午前中に超久しぶりに娘とプール行ってきました。なんか久しぶりで疲れちゃいまして、1回裏の時点で寝てしまいました…。眠気に勝てず。

両軍ともに先発崩れて点のとりあい

マリーンズ美馬#15ホークス高橋礼もコントロールに苦しんだ感じでした(最初しか見てないじゃん)美馬はホークスに相性がいいとはいえ、柳田にあれだけ打たれてしまうとどうしようもないですね。それでも高橋礼よりはイニング稼いでくれたので、そこが良かったですね。ただ前々から思っていますが、この主審の方はやはりストライクゾーンがわかりにくい主審ではあります。ファンだから言えることだけどね。

野手は首脳陣の読みあたり!

ホークスも打ちましたが、マリーンズはいい打線の組み方にしました。5番角中#3に、9番高部#38はどちらも正解でしたね。角中はタイムリーに、高部はプロ初ホームランでした。高部おめ~~~。高部はバッティングだけでなく守備や盗塁も魅せれるはずですので、まだまだ魅せてくれそうです。

さらに1番荻野貴司#0とレオネスマーティン#79が暴れて、中村奨吾#8が出塁してくれれば、ホント得点がたくさん取れます。特にホークス投手陣はレベルが高いので、「打ち勝つ!」こと自体に勝ちがあったと思います。

佐々木千隼3勝目

9回益田#52、8回唐川#19、7回ハーマン#42という良い流れに、6回千隼が加わった感じです。1点は取られてしまいましたが、コントロールがうまい具合にばらついて絞りにくい投球でした。また、益田は昨日の雪辱を晴らしてくれました。正直益田に代わる守護神っていないんですよね。ただし今後もリリーフ陣は、苦しい運用が続きそうです。9日河村#58はホークスには全く通用しませんでしたので、なかなか難しそうですね。ホークスは長身でストレート速いピッチャー多いので打ち慣れてるのかも。

1勝4敗

ホークスには、開幕3連敗してます。とりあえず、ホークスから今年1勝できました。ただし開幕よりもホークス打線の調子が上がってきているので、相当注意が必要ですね。それよりも、緊急事態宣言が千葉に出て、無観客試合にならないことを切に願うばかりです。

内#21の思い出は以前記載しました。マリーンズ大好き!は嬉しいですね!

 

4/21 岡サヨナラホームラン マリーンズ6-5ファイターズ

岡大海#25 9回裏2死逆転ツーランホームラン

9回裏の1点差。先頭の山口#51のフルスイングに期待してましたが、ファイターズ抑えの杉浦のストレートに三振。後は、好調藤岡裕#4が塁に出てくれればとDAZN見ながら思ってました。藤岡の時だけなぜかストライク入らず四球。次の吉田#39も粘ってましたが、センターフライ。後は好調の岡が、昨日の三遊間くらいの鋭いあたりでも出たらな~と考えてましたが、低めのストレートを振った打球は、謎の魚の待つセンターバックスクリーンに吸い込まれていきました。VTRで観ると、謎の魚が試合終了後のパフォーマンスで待機しているのが写ってました( ´∀` )そのあと、ホームランボールをかかげてましたね…。マリンでのサヨナラは何度も観ていますが、なかなか逆転ホームランでのサヨナラはお目にかかれないですよね。同点だったら、里崎と今江のサヨナラホームランを見た記憶があります。それくらいレアな試合だったと思います。

5点差を逆転

今日はジム行っていたので、ちょうどクロストレーニングしている時が4回くらいでした。ファイターズ先発の伊藤が良い投手すぎて、これは打てないな~と思ってみてました。特にスライダーでポンポンストライク取れるのがいいですね。ストレートも速いです。これは、後半崩れるくらいしかチャンスないな~と思っていましたが、その良い投手を攻略したのが、安田#5の一発でしたね。やはり変化球で内側に曲がるスライダーだと思いますが、安田らしい弾道でライトスタンドまで飛んでいきました。正直このホームランなかったら、5点差逆転できていなかったと思います。ベテラン角中#3の一打も大きかったです。

8回裏は、無死13塁から中村奨吾#8が昨日に続く犠牲フライで1点差。1死3塁で、安田・レアード#54で1点もとれなかったのは残念でした。ただしここは、8回頭からファイターズは堀を投入しておけば、こんなことにはならなかったですが、宮西は今日はお休みだったと思うので仕方なかったのかも。ファイターズ井口も良い投手なのですが、マリンだと結構打ってる印象のピッチャーです。やっぱりマリーンズ監督が井口監督だからかな?

東條、マーティンに心配されるレベル

サヨナラゲームで忘れかけていますが、東條#20の4四球はライトのマーティン#79がマウンドに行くほど、深刻な状態でした。田中靖#47が後続を抑えてくれたからなんとかなりましたが、今年の東條は逃げのピッチングに見えてしまいます。ただ、中々東條を超えてくれるリリーバーが見つからないのも事実。

田中靖もそうですが、土居#69はまさか2回投げると思ってませんでした。ここを零点で行けたのも勝因ですね。そして今年は良いピッチングの続く佐々木千隼#11が勝ち投手!今年の千隼は持っていますね。もともと勝利がつきやすいピッチャーでしたので、やはり勝ち運があるのかな?

逆にファイターズ先発の伊藤大海は、マリーンズルーキー鈴木昭汰#35同様「勝ち運」に恵まれないですね。でも2人とも良い投手なので、投打の歯車がかみ合えば勝利を積み重ねることができる投手だと思います。

というわけで、前半は伊藤大海、9回裏は岡大海で「大海デー」な1日でした。(野球仲間のLINEをバクる)サンキュー幕張!

 

4/20 ぺこぱに勝利を捧げる山口の一発 マリーンズ8-4ファイターズ

主役1人目 山口航輝#51

今日は、レフトスタンドのスタンドデッキで観戦。平日ナイターの外野は人が少なくていい感じです。また、座ってテーブルがあるのは便利ですよね。ちょっと食べ過ぎちゃいますね。

同点の8回裏の先頭打者が山口でした。ファイターズ先発の加藤にはあってない感じでした。リリーフの宮西のストレートはタイミングはあってそうでした。まさか追い込まれてから、ライトスタンドへのホームランは興奮しましたね。山口の逆方向へも飛ばせるチカラは貴重だと思います。実は安田#5もホームラン3本で並びました。ただし、安田は逆方向にはホームラン打ってないですよね。2人がホームラン争いしてくれる日をマリーンズファンは待ちわびます。

ヒロインでは、目標ホームラン数は10本だったので、意外に現実的でした。まずは10本目指して頑張ってほしいですね。ファンはそれよりも、インタビュワーがいつ俳句を無茶ぶり?するのか待ってました。最後振られると、すぐに詠んでいたのでベンチで作ってきていたんですね。でも間違えて、「時を戻す」のはまさに「ぺこぱ」です。今後の活躍も楽しみです。井口監督が好きそうな選手ですよね。

主役2人目 ぺこぱ

選手ではないですけど、ガチマリーンズファンで有名な松陰寺 太勇が始球式でした。ガチマリーンズファンが始球式ってどんな気分なんでしょうね~。しかも試合は、緊迫した同点からの勝ち越し。しかもハーフスイングをしてもらった山口のホームランでしたので、感無量かと思います。始球式も「いい球」投げてましたね♪

ZOZOマリンでは、おおよそ毎年具志堅用高の面白い始球式が定番でなかなか負けないので、ぺこぱも毎年ぺこぱデー作ってもらえばいいような気がします。もちろん芸人としてやっていればの話です。まず、最初の試合は「勝利」でしたので縁起がいいですよね。

主役3人目 中村奨吾#8

犠牲フライ2本に、ヒットで4打点。ランナーが3塁にいる中でしっかり外野に犠牲フライを打ってくれる選手は貴重です。特に1点を取る場合には大事な技術だと思います。少し調子は落ちてきているかな?という状態でのこの活躍でしたので、やはり主役でした。1番荻野貴司#0から6番山口まで全員良かったことだらけでしたね。

主役4人目 唐川侑己#19

今日投げた投手で一番いい球投げていました。コントロールも抜群でしたね。昨年のいい感じのピッチングがそのまま続いているように見えます。ストレートも変化球も素晴らしかったです。

縦でごめんなさい

唐川は良かったですが、先発の石川#12はストレートもシンカーもイマイチでした。カーブがいいと見たのか、カーブを多投していましたが、石川がしっかり抑えるときは、ストレートとシンカー中心のコンビネーションだと思います。ひげはそのままでしたが、髪の毛がすっきりしたのでピッチングスタイル変えたのかな?来週のローテが少し心配ではありますが、しっかり6回投げてくれるのもさすがです。

ハーマン#42、河村#58はピンチありましたが、結局最後は「強いストレート」が大事だな!という内容のピッチングでした。打線のおかげで、準備はしていたとは思いますが、益田#52の登板が避けられたのは良かったですね。

影の主役 岡大海#25

最近の岡は打席に立つと、何かやってくれそうな感じがします。今日もヒットからの得点や脚は魅せてくれました。また9番岡から1番荻野、2番レオネスマーティン#79までの打順が素晴らしかったです。先週から岡の活躍で引き分けはさんでの連勝が続いています。さてさてファームでは高部#37がよさそうですし、藤原恭大#2がこれからどういう使われ方をするのかに注目です。