「第3回」最初は公共のスポーツジムがオススメな理由

  • 家から近い
  • お金が安く上がる
  • なんかマッチョの人がたくさん居なそう

という安易な理由で公共のジムを選びました。最初に2時間くらいの講習が必要な場所でしたので、電話で予約して向かいました。

とりあえず用意したのは、

  • ランニングシューズ
  • 上下のスポーツウェア
  • タオル
  • ペットボトルお茶500ml

でした。最初はこれで十分です。ランニングシューズだけは、新品買いに行きました。4000円くらいのやつです。最初は、なるべく安く済ませます。

講習内容は、ジムの説明や事務手続き(ダジャレじゃないよ)現在の体重や体脂肪率の計測、そしてトレーニング機器の説明でした。公共のジムなので、皆様想像するようなムキムキの人ではなく、普通の人でしたよ。しかし、丁寧にランニングマシンやサイクルマシンなどの有酸素運動器具と、筋トレマシンの使い方を教えてもらいました。全部で1時間30分くらい。なおジムは、2時間で500円程でしたので、残り30分はなんとなくランニングマシンで走ってました。

説明では、次回来た時に個人別に簡単なメニューを作ってくれるとの事でした。当たり前ですけど、いつ来ても良いですよと言われます。

たぶんここが第一関門。そのままジムへ来ないのか。次に来るのか。

私がもう一度行った理由は、

筋トレたのし〜〜〜

とう事でした。実は、高校時代は柔道部でしたので、筋トレやってました。なんか高校時代を思い出したのか、トレーニング機器の説明が解りやすかったのか謎ですが、筋トレが楽しかったです。逆にランニングマシンはきつかったです。学生時代から長距離走は苦手ですし、嫌いです。

さて次回は、2度目のジムに行くところから始めますが、初回で筋トレの楽しさを体感してしまったので、YOUTUBEで少しずつ筋トレ動画を見始めました。やはり最初は「なかやまきんに君」の動画からでしたね〜。第4回に続く


[ナイキ] スニーカー タンジュン 812654 メンズ ランニング 011カラー 25.5cm(US7.5)


[アディダス] トレーニングウェア チーム スポーツ トラックスーツ [レディース] FRZ92 レジェンドインクF17/レジェンドインクF17/ホワイト (DW5373) 日本 J/S (日本サイズS相当)

「第2回」ダイエット目的の運動って

前回は、ダイエットの決意をして軽めの糖質制限ダイエットをするが、体重は落ちないし足がつるという状況も解消できないところで終了でした。そして「運動」を生活に取り入れることを決意!やはり

ジム行くか!

となります。そこで色々ジムを調べました。大きく分けるとこんな分類

  1. パーソナルジム分類 → ライザップ的な1対1
  2. 大手ジム分類 → 日本では一般的にスポーツジムってこれを想像 セントラルやコナミ、ルネサンスなど プールやジャグジーとか設備がいい印象
  3. 24Hジム分類 → マシンとストレッチエリア、簡易シャワーが一般的 エニタイムフィットネス、JOYFIT24
  4. 公共スポーツ施設のジム →設備は24Hジムと一緒でスポーツ施設についてる感じ

言わずもがなですが、価格は下に行くほど安いです。パーソナルもピンキリですが、大手ジム分類で毎月10000円周辺、24Hジムは毎月6500円〜8000円、公共ジムは1回300円〜700円くらいです。お金が惜しいみもみんは、公共スポーツ施設のジム(以下公共ジム)を選択。

なんとかスポーツセンターとかなんとか体育館、なんとか公民館には結構な頻度でスポーツジムが併設されています。千葉で調べるだけでも色んな場所にトレーニングする場所があります。千葉ジェッツふなばしのホームである「船橋アリーナ」にもトレーニングジムがあります。ちなみに船橋アリーナはプールもあって便利です。船橋アリーナは、最初に講習を受ければあとは営業時間何度でも使えます。

公共ジムのメリット、デメリット

メリット

  • いつ行ってもサボってもOK 1回いくらだから会費を気にする必要なし
  • 実は近い地元にあったりする(みもみんは徒歩5分圏内で発見)
  • 安い! 週2.5回ペースであれば24Hジムと同等程度。駐車場が無料の施設も多い
  • 施設によるけど比較的空いてる 地元民が多い印象

デメリット

  • 公共施設だから9時〜21時あたりの営業が多い。ぶっちゃけサラリーマン平日行きにくいです
  • トレーナーなどはそんなに専門家ではない
  • やはり器具が古かったりする(古いけどトレーニング負荷は変わらないけどね)
  • シャワーやロッカーなど施設はしょぼいところが多い

もちろん場所によって違いますが、おおよそこんな感じ。というわけで、徒歩で5分ほどの公共の体育館のジムに行く決意をして、2時間ほどルールや器具の使い方の講習を受けて、ジム通いが始まります。なお、ジムに行く前に近くの大手ジム(ゴールドジムも通勤途中にあり)やライザップ、24Hジムなどかなり金額や行けるかどうかを比較した結果です。一番の決め手は、

家から近い

これ大事です。第3回へ続く

ブランドン第1子おめでとう!

ブランドン#85のこのニュースで、23日(日)の神宮球場でのピッチングがダメだった理由がわかりました。23日の試合では、ブランドンがしっかり抑えていればまだチャンスがあったかもしれなかったので、あれだけ四球を出したのであれば、二軍行きなのかなぁと思ってましたが、奥様が出産直前だったのですね。やはり旦那さまとしては、無事出産が終わるまで母子ともに心配なのです。もちろんプロなのでキチンと投げなきゃいけないのですが、3日前であればいつ連絡来てもおかしくないので、心配だったのだと思います。

ブランドンは、先発したライオンズ戦はストライクも入らず、セットポジションも上手くいかず散々でしたが、ボール自体は良いなぁと思ってました。ストレートも140後半で動きますし、変化球も空振り取れてます。やはりコントロールだけなんですよねぇ。変なとこ狙わないで、真ん中と低めだけでいいような感じがします。

松永#28も戻ってくるようですので、ブランドンと松永にチェン#49と左腕が活躍してくるとマリーンズも上がってこれると思います。先発も土肥#34や中村稔#48と期待出来そうですので左腕頑張って欲しいですね。是非成田翔#41もね。

左腕と言えば、ファイターズとジャイアンツの2対2トレードは驚きました。鍵谷と宇佐美はなんとなくわかるけど、藤岡貴裕と吉川光は衝撃的。どちらも新天地で活躍できなかった左腕同士なんだよね。しかも、昨年加入と出戻りという凄いトレード。さすがファイターズです。

角中が一軍に戻ってきたら…

そろそろ角中#3が一軍復帰しそうです。まずは、角中の怪我の間活躍した選手は…うーん菅野#31や岡#25、翔平#10など毎試合活躍していた選手は見当たりません。敢えて、挙げるならレフト大地#7でしたね。なんとなく外野手の層の薄さが透けて見えます。藤原#2や山口#51が育ってくれるのを期待してます。

角中が打線に入る場合ですが、6番を予想しています。好調な1番2番を動かす理由もないですし、3番から5番もあまり動かす必要ないと思ってます。右打者が続きますが、あまり右左は関係ないのではと思ってます。試合重ねていく中で、1番から9番までどこでも対応できる角中ですので、どの打順も穴埋めはできると思います。怪我の影響なければの条件ですけど。

後はライト固定されて、怪我人がいなければほぼ現時点のベストメンバーになるのではと思います。清田#1が少し打率も下がってきましたので、ライト争いは激化を望みます。

ん?角中ライトの大地レフトの選択肢もありますね。さすがにやらないと思うけど(笑)

「第1回」 40歳半ばのダイエットの決意

2018年5月のお話。会社の健康診断で久々(約半年ぶり)に体重計に乗って驚き!なんと85Kgになっていました。身長からの標準体重は約67Kgでベスト体重は72Kgですので、まあ驚きました。前回の計測で82Kgで「やばい!」と思っていましたので、すぐに対策を!

30代で行なった時には、92Kgから72Kgまでを

  1. 甘い飲み物を無糖に変更
  2. 夜の白米(いわゆる炭水化物)抜き  おかずは食べるよ
  3. 大盛りをやめる
  4. 夜に半身浴で汗をかく(30分〜1時間)

これだけを1年くらいやってたら減量できました。まだこの頃は若いですし、肉体労働もしていましたので簡単に痩せれたんですね。とういわけで、40歳半ばから同じダイエットを実施しました。結果は、85Kg→83.7Kgでした。そしてもう一つ・・・・

左足のふくらはぎが毎日つる

寝て起きようとする時が一番多い

という恐ろしい事態に。しかもすんごい痛い。5分ぐらいどうしようもない痛みが続きます。健康診断の先生に聞いたら

「運動不足ですね」

とあっさり言われました。というわけで、運動を始めようとするのですが、ここからが大変。40歳も過ぎてくると、楽な糖質ダイエットだけでは体重落ちないんですね。第2回へ続く