4/20 ぺこぱに勝利を捧げる山口の一発 マリーンズ8-4ファイターズ

主役1人目 山口航輝#51

今日は、レフトスタンドのスタンドデッキで観戦。平日ナイターの外野は人が少なくていい感じです。また、座ってテーブルがあるのは便利ですよね。ちょっと食べ過ぎちゃいますね。

同点の8回裏の先頭打者が山口でした。ファイターズ先発の加藤にはあってない感じでした。リリーフの宮西のストレートはタイミングはあってそうでした。まさか追い込まれてから、ライトスタンドへのホームランは興奮しましたね。山口の逆方向へも飛ばせるチカラは貴重だと思います。実は安田#5もホームラン3本で並びました。ただし、安田は逆方向にはホームラン打ってないですよね。2人がホームラン争いしてくれる日をマリーンズファンは待ちわびます。

ヒロインでは、目標ホームラン数は10本だったので、意外に現実的でした。まずは10本目指して頑張ってほしいですね。ファンはそれよりも、インタビュワーがいつ俳句を無茶ぶり?するのか待ってました。最後振られると、すぐに詠んでいたのでベンチで作ってきていたんですね。でも間違えて、「時を戻す」のはまさに「ぺこぱ」です。今後の活躍も楽しみです。井口監督が好きそうな選手ですよね。

主役2人目 ぺこぱ

選手ではないですけど、ガチマリーンズファンで有名な松陰寺 太勇が始球式でした。ガチマリーンズファンが始球式ってどんな気分なんでしょうね~。しかも試合は、緊迫した同点からの勝ち越し。しかもハーフスイングをしてもらった山口のホームランでしたので、感無量かと思います。始球式も「いい球」投げてましたね♪

ZOZOマリンでは、おおよそ毎年具志堅用高の面白い始球式が定番でなかなか負けないので、ぺこぱも毎年ぺこぱデー作ってもらえばいいような気がします。もちろん芸人としてやっていればの話です。まず、最初の試合は「勝利」でしたので縁起がいいですよね。

主役3人目 中村奨吾#8

犠牲フライ2本に、ヒットで4打点。ランナーが3塁にいる中でしっかり外野に犠牲フライを打ってくれる選手は貴重です。特に1点を取る場合には大事な技術だと思います。少し調子は落ちてきているかな?という状態でのこの活躍でしたので、やはり主役でした。1番荻野貴司#0から6番山口まで全員良かったことだらけでしたね。

主役4人目 唐川侑己#19

今日投げた投手で一番いい球投げていました。コントロールも抜群でしたね。昨年のいい感じのピッチングがそのまま続いているように見えます。ストレートも変化球も素晴らしかったです。

縦でごめんなさい

唐川は良かったですが、先発の石川#12はストレートもシンカーもイマイチでした。カーブがいいと見たのか、カーブを多投していましたが、石川がしっかり抑えるときは、ストレートとシンカー中心のコンビネーションだと思います。ひげはそのままでしたが、髪の毛がすっきりしたのでピッチングスタイル変えたのかな?来週のローテが少し心配ではありますが、しっかり6回投げてくれるのもさすがです。

ハーマン#42、河村#58はピンチありましたが、結局最後は「強いストレート」が大事だな!という内容のピッチングでした。打線のおかげで、準備はしていたとは思いますが、益田#52の登板が避けられたのは良かったですね。

影の主役 岡大海#25

最近の岡は打席に立つと、何かやってくれそうな感じがします。今日もヒットからの得点や脚は魅せてくれました。また9番岡から1番荻野、2番レオネスマーティン#79までの打順が素晴らしかったです。先週から岡の活躍で引き分けはさんでの連勝が続いています。さてさてファームでは高部#37がよさそうですし、藤原恭大#2がこれからどういう使われ方をするのかに注目です。

 

4/18 9回逆転勝利 マリーンズ3-2バファローズ

本日は良い天気でしたので、稲毛海浜公園に遊びに行ってました。千葉市花の美術館にいってました。だいぶ風が強かったですが、良い天気なのと花が咲き誇っていてキレイでしたね~。といっても、やっとネモフィラとかルピナスとか花の名前がわかった程度なのですけど(笑)でもハイビスカスはさすがにわかります!

先発鈴木昭は相変わらず安定の投球

結果的に勝利はつきませんでしたが、今日も6回2失点でしっかり試合を作ってくれました。たくさん三振を取るわけではないですが、やはちストレートにスピードと角度があるのか、差し込まれた打球が目立ちます。後は、なかなかバッターにいいスイングをさせない感じの投球ですよね。今日はやっと味方が9回に逆転でしたが、この調子でいけばもうすぐに「プロ初勝利」がやってくると確信しています。

今シーズン千隼初勝利おめ~

負け試合での登場が多い佐々木千隼#11ですが、今シーズンは安定した投球が続いています。ストレートに力ある投球ではないのですが、コントロールや投球術がよくなってきているのが良くわかります。今まで負けている試合でもしっかり投げていたおかげでの「今期初勝利」は、たなぼたではないと思います。この調子でいけば、同点などの緊張した場面での起用もありそうな感じですね。

東條#20も1点差の緊迫する場面で、なんとか零点でした。それにしてもヒヤヒヤさせすぎですので心臓に悪い投球はそろそろやめてほしいです。

抑えの益田#52は今週打たれた日もありましたが、日曜日にしっかり1点差でセーブを挙げて守護神の役割を果たしてくれました。終わりよければすべて良し!貯金もできましたし、今週の益田はおつかれさまでした。

岡様、マーティン様

ここ最近で重要なところは、やはりレオネスマーティン#79の好プレイ、ホームラン、タイムリーが出てきます。守備での肩の存在感と2番での一発や打点の存在感は、相手にとってかなり嫌なプレッシャーになっているようです。マリーンズファンにとっても、マーティンが活躍すれば勝利に近づきますので、打順2番もいいのかもしれないですね。

そして、試合後半の岡#25にはミラクルの起こる何かがありそうです。スタメンだと目立った活躍するイメージではないのですが、「ここ1番の勝負強さ」は安田#5と並んでピカイチだと思います。そんな岡ですが、たまに走塁ミスとか守備のミスとか凡ミスが出るのも岡らしいです。本日は良い方に転がって、同点となる貴重なタイムリーでした。今年のベンチのスペシャルサブは、岡ですね!もちろん脚だと和田#63ですけどね。

開幕5連敗から

開幕5連敗でBクラスか確定と思っていましたが、ここへ来てパ・リーグも1位から6位の差が縮まってきました。マリーンズもなんとか貯金1まで戻しましたので、これからコツコツと貯金を増やしていってほしいです。他球団はこれから助っ人外国人も加わってくるはずですので(マリーンズもエチェバリアいるけど)、調子のいい先発陣はこのまま行ってほしいですね。

 

4/17 投打がかみ合い5割復帰 マリーンズ7-2バファローズ

本日は昨日からコナンの映画が公開されたので、幕張に映画を観に行ってました。しかし、嫁と娘が観ていた間に久しぶりに「幕張よしもと劇場」で週末ライブを1人で楽しんでました。みんな面白かったけど、やはり「ウーマンラッシュアワー」は別格で面白かったですね♪「おいでやすこが」「サルゴリラ」あたりが面白くて印象に残りました。久々にお笑いで笑ったな~。

しっかり試合を作ってくれた美馬

7回途中までの2失点はさすがの投球ですね。本人もヒーローインタビューで6回までは完璧と言ってましたので、もうそこまで試合作っていただければ十分です。所謂表ローテの、二木#18、美馬#15、鈴木昭#35は試合自体は作ってくれるので、いい試合になりがちです。確かにリリーフ陣に不安はありますが、先発陣がしっかりしているといい試合ができて楽しいです。ファームでも先発陣は調子良さそうなので、まずは夏までしっかり投げていって欲しいです。

ハーマン、唐川もいいね

週末になると、リリーフ陣に負荷がかかってくる感じがしますね。本来なら、勝ちパターンにもう1枚サワムラーだったり、小野#37だったりいればもっと負担減るのですが、現有戦力でなんとかしていくしかなさそうです。シーズン序盤はハーマン#42や益田#52の調子が上がっていませんでしたが、少しずつよくなってきているように思えます。唐川#19も今年は重要な回を投げていますので、継続していってほしいです。

マリーンズ打線好調

今日はスタメンにレアード#54ではなく、山口#51を入れて成功しました。まだレアードも腰の不安ありますので、うまく山口使ってほしいです。今日はしっかり繋いだバッティングしてました。7番藤岡裕#4の調子がいいので、打順が1番から7番までしっかりつながる状態になっているのが、今のマリーンズ打線のいいところです。点を取るポイントは、マーティン#79と安田#5。繋げる役割は、中村奨吾#8といい役割分担ができている打線だと思います。安田はここにきて、打点も稼ぎながら徐々に打率もあげてきました。安田の好調が、マリーンズ打線を引っ張っているといっても過言ではないですね!また、代打代走と岡#25の存在感が大きくなってきました。首脳陣の岡を使うタイミングが絶妙な感じがします。バッティングも期待できますしね~。ホームランナイスでした。

明日のバファローズ先発は宮城の予定ですので、レアード、山口、岡あたりがスタメンで来そう。

 

4/16 安田の一発に救われるマリーンズ3-3バファローズ

バファローズ先発山岡には手も足も出ませんでしたけど

DAZNで観てましたけど、やはり高校時代にダルビッシュに褒められた山岡はいいピッチャーです。山岡といえばスライダーですけど、今日はストレートのコントロールにたまに投げるチェンジアップとまったく点の取れる気配がなかったです。角中#3は結構タイミングあってた感じでしたけど、途中で交代になっちゃたしね~。結局チャンスはあったけど、7回でマリーンズは1点も取れませんでした。このピッチングでまだ勝ててないのは可哀そうだけど仕方ない

二木#18は粘りのピッチング

今日の二木は、ストレートの軌道があんまりよくなかったのとフォークが落ちていない感じがしました。それでもうまくスライダーや内角のストレートを使って打ち取っている感じでした。調子悪くても、大崩れしなくなったのは成長を感じます(なんか偉そうだけど)7回裏は、安田#5のエラーで少し流れが悪くなっての失点でした。色々可哀そうだったです。でもしっかり試合を作ってくれましたので、さすが開幕投手です。

悪役も主役も安田!

7回裏からそのまま負けていたら、完全な悪役だったかもしれません。自分も7回裏で「あ~負けたか」と思いましたもん。だって、7回まで山岡がまったく打てなかったので、1点差だったらもしかしたら8回か9回で追いつく可能性ありそうじゃないですか!3点差だと正直キツイよね。

そんな負け気分を、安田のホームランで吹き飛ばしてくれました。確かに今日はスイング良かったけど、あの場面でホームランってなかなか打てませんよ。これは、マリーンズの4番としての安田伝説の始まりかもしれません。ホント今シーズンは、チャンスでの安田は頼りになりますね。本人も相当気合が入っていたのか、ダイヤモンドを1周するときの顔つきがいつもと違っていました。他球団からすれば、マーティン#79にレアード#54とホームランを警戒しなきゃいけないバッターが居る中で、さらに安田もマークしなければならないのは、相手にいいプレッシャーを与えられますね。これからも主役は安田!で行きましょう。

8回田中靖、9回益田

正直8回裏も9回裏もヒヤヒヤしてましたが、なんとか零点で抑えきってくれました。中継ぎ陣は連投が続いていますのでさすがに分業状態ですね。となると、7回まで投げてくれた二木は、中継ぎ投手にとってはありがたいピッチングだったと思います。今回の引き分けは「勝ち」に等しい引き分けに見えました。セーブはつかないですけどね・・・。

 

4/15 ナイス追加点!マリーンズ7-3イーグルス

投手陣が力投!特に岩下#46

なかなか点が取れない中で、初回や4回こそヒットと四球が絡みピンチだったものの、しっかり5回を無失点で抑えた先発岩下は良かったです。前回の登板は、最初から最後まで飛ばしたピッチングに見えましたが、今日はランナーいないときは抑えて投げているように見えました(ストレートの球速から推測)それでも、岩下は力投派なので、四球が絡んで球数が多くなっちゃうのはいつも通りでしたね。抑えの益田#52が2連投していましたので、リリーフ陣心配していましたがなんとかなりました。岩下2勝目おめ~。

投手陣は、8回まで零点で抑えたリリーフ陣も良かったです。推測では今日は抑え唐川#19かと思ったのですが、8回に出てきましたね。東條#20→田中靖#47→ハーマン#42→唐川とよく抑えてくれました。この4人は全員ホールド付いてましたね~。最後の河村♯58も2死までは良かったのですが、ストレートを打たれてしまいました。落ちる球はいいのですが、まだストレートが甘いコースに行くと打たれちゃうんですね。それでも、益田が登板することにならなくて良かったです♪

打線は活発です。安田誕生日おめ~

岸とか則本みたいなエース級が出てくるとさすがにあまり打てませんが、打線自体はいいですね。クリーンナップがしっかり打点をあげてくれるので、結局イーグルス戦は2勝1分けでした。イーグルスにとってマリンで16失点したのはまだひきづっているような感じがします。にしても、9回裏に河村が3失点したので、実はマーティン#79のタイムリーがなければ危なかった・・・。マーティンもレアードもここぞで頼りになります。

誕生日の安田#5も2安打で調子上がってきました。このまま.250くらいまで打率戻しそうな勢いです。また藤岡裕#4も好調を維持していていいつなぎができていますね。後は、山口#51と藤原恭大#2がどこまで粘れるかだと思います。ファームには井上#44もいますし、高部#37や加藤翔平#10もいますので、またポジション争いが起きる可能性あります。高いレベルでの競争は、シーズン中でも歓迎です。

ファーム(二軍)が調子良すぎ

高部や井上、翔平もいいですが、今日はエチェバリア#55も打ってます。これは誰が一軍に上がってくるか楽しみですね。福田光#40や福田秀#7もいますし、贅沢な悩みです。先発陣も悪くないので、今のところ「贅沢」な悩みということにしておきます。

 

4/13 石川歩復活!マリーンズ6-2イーグルス

石川の好投で岸に勝つ!

3連戦は初戦が大事なので、石川#12はイーグルス初戦に持ってきました。結果は「正解」明日の小島#43も悪いピッチャーではないですが、なかなか7回までは投げきれないんだよね。そして相手ピッチャーは、前回完封された岸ということで、変な苦手意識もあったと思います。結果は相手のエラーやバッテリーミスの点数が多かったですが、結果岸から3点とれたのは大きかったです。石川は岸と比べると、ストレートとカーブは劣りますが、やはりシンカーが効果的に使えていましたね。もっと調子上がってくれば、ストレートとスライダーだけで打ち取れるチカラのあるピッチャーなので、これからのローテに期待します。

秋田は近いぞ!山口航輝デー

まずは、岸のカーブをレフト線へホームラン!見事です。岸には相性にいいマリーンズバッターがいないので、これから岸が投げるときは、山口#51がスタメン確定ですね。2打点目も完全に詰まっていましたが、バットを振っていたのでポテンヒットになりました。あとあれだけバットを振られると、投手も捕手も嫌な感じしますよね。スタメンで起用した首脳陣はさすがです。日本人野手では、安田#5と山口にホームラン争いしてほしいです。

益田の東條は余計でした

8回の河村#58は期待通りのピッチング。北海道出身だからか千葉以北だと点をとられないですね!9回の東條#20は、ヒットも打たれさらにだ大ピンチまで作って降板・・・。さらに抑え益田#52まで登場しなきゃいけなかったのは、長いシーズンの中では余計でした。東條は昨年今年とあんまりいいピッチング内容ではないと見ています。石川や益田みたいにシンカーあると面白そうなんですけどね。次回登板あれば、ピシャッと抑えてほしいです。

ファームではエチェバリア2安打

藤岡裕#4は今日もタイムリーが出て、打つ方の調子がいいですね。開幕スタメンこそ鳥谷#00でしたが、その後は打つ方で目立ってくれました。後は首脳陣がどこでエチェバリア#55を一軍に上げるのかですかね~。勝っているうちは、メンバーはあまり動かさないと思いますので、負けが続いた時がありえそうです。ちなみに同じショートの平沢大河#13はあまり打てていないですね。今年一軍上がれるのかな???

 

4/11 ライオンズ強い! マリーンズ1-2ライオンズ

豪快なホームランだけではないライオンズ

今日は津田沼に用事があり、お出かけから帰ってきたのが4回表でした。先発鈴木#35はいいピッチングしてはいるのですが、プロのバッターとランナーに翻弄された2失点という感じでした。また、ライオンズ源田あたりはその辺の投手を揺さぶる術みたいなところができる素晴らしい選手です。山川も栗山もいないライオンズ打線でしたが、かなり嫌な印象を受けました。ここ数年はライオンズに分が悪いので、今年こそはと思っていましたが、山賊打線だけではなく、「1点をつかみとる野球」も強いことがわかりました。

盗塁されまくるマリーンズバッテリー

11日=4個、10日=1個、9日=5個で3日で10個の盗塁を許したマリーンズバッテリー。当初マリーンズはこのような野球を目指したはずですが、走れるはずの荻野♯0や藤原#2あたりも企画数自体が少ないので、機動力野球にはほど遠いですね。レオネスマーティン#79も脚は遅くないですが、機動力とはいいがたいです。どちらかといえば、マリーンズの方が「重量打線」なイメージで打てない時には、「1点が遠い」イメージの攻撃です。

この盗塁阻止率は、捕手だけでなく投手との共同作業ですので田村#22、柿沼#99含めて作戦は練っておいた方がいいですね。次回のライオンズ戦はそこに注目します。

チャンスは多いけど1点遠し

四球やヒットで良い感じにチャンスまでは作れるマリーンズですが、後はタイムリー任せでタイムリーが出ないと点をとれないという状態続いてます。たぶん打線が「線」になっていない感じはします。2番レオネスマーティン#79にどこまでこだわるかという所もあると思います。また、昨日の8回からどこか調子悪そうですので、これからのマリーンズ打線心配です。安田#5が少しだけ調子上がってきてるので、うまく周りと連動できればいいのにな~。

頑張れ!鈴木昭汰

いいピッチングはしながら勝ち星が遠い鈴木ですが、打者を抑えるポテンシャルは高いです。後は、援護点さえあれば本前#49のように初勝利できますので、来週も頑張ってほしいです。ただし、「盗塁」は狙われる確率が高いので、対策はよろしくお願いいたします。現イーグルスの涌井がマリーンズにFAで来た時にも最初は「打線の援護がなく」勝利が遠かったんので、粘って投げていきましょう!やはり「新人を勝たせたい」という気持ちが余計チカラ入って打てなくなってしまうのでしょうね♪

さてこれでパ・リーグ一巡しましたが、順位通りイーグルスとライオンズ強いです。さらにホークスも強いので、上位の方は乱戦になってほしいです。マリーンズはここからエチェバリア#55一人ではどうにもなりませんので、「どろ臭く勝って」少しでも追いつきたいところです。

 

4/10 ヒヤヒヤ勝つ!マリーンズ6-2ライオンズ

マーティンの2打席連続アーチ

今日は試合前から、上の内野席で観戦してました。そしたら、2本も生でレオネスマーティン#79のホームランが観れましたので、これで「大満足」ちなみに久々に家族で行ったのですが、嫁はもうホームラン観て「お腹いっぱい」って感じでした。ちなみに8回9回とヒヤヒヤすることになるんだけどね…。

マーティンとライオンズ先発の浜屋とのタイミングが、ちょうどあってたとしか思えない2本でした。甘いコースに来た球は、半分くらいスタンドに持っていってしまうイメージですね。このマーティンの2本と、山口#51の渋いタイムリーで序盤4-0で、すんなりいくかと思われました(甘かった)

2本目のハイタッチ中

先発美馬#15は、5回以外はキッチリ

序盤の美馬は、失点されそうにない感じのいいピッチングでしたが、ライオンズ打線の2巡目以降に苦しめられた感じですね。特に2番源田3番森4番中村は、粘られるし良い打球飛ばされるしという感じでした。なんとか2点で収まって、6回の素晴らしいピッチングで交代かと思いましたが、7回も行きました。7回まで美馬が投げてくれたのは、リリーフ陣が不安定な中ではありがたかったです。ヒロインは美馬でしたが、やはり目立ったマーティンより勝利に関しては美馬のピッチングが良かったですね。

目つぶってた…

打線は活発でした

ライオンズのエース級のピッチャーの登板がなかったからか、どの打者も「鋭い打球」を飛ばしていました。打線で気になったのは7回に満塁で藤原恭大#2の代打で出てきた角中#3くらいですかね。三振の仕方が角中らしくない三振でした。普段だともうちょっと粘れるはずなんですけど。

打撃は問題ないのですが、昨日から盗塁阻止率悪いですね。逆に、マリーンズの盗塁成功率が悪く感じます。果たして投手が原因なのか、捕手なのか。走塁はキャンプでもチカラを入れていたので、もっと見たいところではあります。

8回は唐川#19、9回抑えは益田

8回に小野#37が出てこないかわりに、唐川でした。唐川も7回で投げるといいピッチングなのですが、やはり8回に投げると「ヒヤヒヤ」ですね。それでも低めに丁寧に投げている感じは伝わりました。また、ランナーを出してもピッチングスタイルがかわらないというか、飄々として投げている姿が、印象的でした。個人的な印象は、「8回の唐川はやっぱり怖い」という印象です。

今の唐川は、中継ぎのなくてはならない投手

唐川が満塁のピンチを脱した時の安堵感は、半端なかったです、何せ昨日に逆転の悪夢を見ていたので、悪い方向に考えすぎてた部分もありました。まさに「手に汗」しながら観戦してました。

守護神益田

今日の益田#52は、ストレートを粘られてスライダーはストライクとれないジレンマでした。左打者のシンカーは大丈夫だったように見えました。今日はストレートの調子がイマイチで、すこしピンチを招いてしまった感じですかね。まあ9回「劇場型」はマリーンズの伝統でもありますので、零点で終わってよかったです。

5回表でソワソワしたり、7回や8回はライオンズ中継ぎが自滅気味に失点してくれたり、8回9回はドキドキだったですが、最終「勝利」でよかったです。この打線の好調さは、明日も継続してほしいですね。

「サンキュー幕張」

今日の謎の魚の一言です。とうとうネタがなくなってきたようなイメージ。一言で笑いを取るのは、非常に難しいテクニックかと思います。でも娘が喜んでいたからまあいいか。「ぺこぱ」さん謎の魚にご指導よろしくお願いいたします。

 

4/9 大きな負け マリーンズ4-7ライオンズ

8回で逆転されたが、シーズンでも重要な負け試合

明日観戦に行こうと思っていたので、今日は夕食を食べにでかけながら速報をチェック。山口#51の初ホームランはあとでパ・リーグTVで観ました。

先発二木#18も1失点ながら好投していましたので、もう7回くらいから8回は誰が投げるのかに興味ありました。今のリリーフの周りでは、小野#37が70%くらいの確率で、ワンチャンスハーマン#42かと思いましたが、やはり小野でした。

小野はストレートも速くて「いい投手です」ただし、変化球とコントロールはまだまだなのと、最後の愛斗に打たれたホームランは捕手のサインに首を振って投げましたので、勝負勘がまだまだだと思います。まだ若いので、いろんな経験値が足りない感じがしています。まだでも小野が打たれたり、そのあと土居#69が打たれたりは、特に問題ではないです。

パ・リーグで勝ち越せるのは

今日負けると、明日明後日とライオンズに勝たないと、このカード勝ち越せません。これでパ・リーグ5球団とあたったわけですが、現在勝ち越しはファイターズのみ。しかもファイターズは現在調子が最悪です。シーズンは長いですが、他球団はここから外国人助っ人も加わる中での4球団からの負け越しは避けたかったです。その大事なライオンズとの初戦を、逆転負け(しかも力負け)だと、今シーズンがだいぶ期待できないものになりそうです。

引き分けはさんで4連勝で喜んでいましたが、今日勝てなかったことでいろんな意味でまた暗くなってしまいました。やはり明るい話題は、山口にホームランでたことですかね。

明日は、美馬#15がしっかり抑えて快勝してくれることを願います。

8回誰に任せるのか

このタイトル何回目???ハーマンの復調を信じてハーマンが第1候補。個人的には、もう佐々木朗希#17に8回締めてもらいたいです。あとはやはり一押し河村#58ですかね~。

 

4/8 4月初負け マリーンズ1-5バファローズ

日本一のピッチャー山本由伸

試合前からわかっていましたが、別にあきらめているとかではなく今日本で一番いいピッチャーは、バファローズ山本由伸だと思っています。そのピッチングを生で観るだけでも楽しい観戦だと思います。対戦相手でしたが、全盛期の田中将大やダルビッシュ、大谷翔平などえげつない球投げてました。お間違いなく、私は千葉ロッテマリーンズのファンです。山本はストレートは150~155キロ、そして140キロ後半のフォーク。さらに荻野貴司♯0がのけぞってしまうカーブ(ストライクでした)と、田村#22が「えげつない球」といっていた理由がよくわかります。今日はコントロールも素晴らしく2回表に3点差になった時点で勝てないだろうな~とは思っていました。

山本だけ観にいってもアリですよ

レアードの寿司で息を吹き返したが…

2回表でもう勝てなさそうと思ってみてたら、レアード#54のどでかいホームランがレフトスタンドにつきささりました。もしや・・・と思いましたが、また3回表の2点でとどめをさされました。

そういえば久しぶりの2日連続マリンでした。まだシーズン序盤なので疲れもなく連投大丈夫そうですね(投げてませんけど…拍手してるくらいです)

先発本前#49は、コントロールも苦しんでいましたがストレートのキレもイマイチでした、なんとか変化球で打ち取っていたようにライトスタンドからは見えました。それでもしっかり5回は投げてくれましたので、試合をぶち壊すことがなかったのが救いですね。なんとなく次回登板は、五右衛門石川#12が先発するように思えました。または今日3回無失点の佐々木千隼#11も、ストレート、スライダー、シンカーのコンビネーションでいいピッチングしていましたので、次のローテは変わる可能性ありますね。あくまで可能性のお話です。

本前は来週も投げるかな?

5回裏のお楽しみ「サンキュー」→「グラシアス」→「ボンジュール」

今日の謎の魚の一言は「ボンジュール」でフランス語でした。あ~フランスだったか~じゃね~。まず、ボンジュールって「おはよう」「こんにちは」じゃん。ありがとうであれば、「メルシー」なんだけど。しかもナイターだぜ!というわけで、次は挨拶なのか、ありがとうなのか、そして何語なのかわからなくなってしまいました。意外と「グラッチェ」とか来そう。。。いやあ予測不能です。これって事前に考えられているのだろうか?

今日はPV流れた

今日のマリーンズ打線は、悪くなかったです。実は安田#5やレアードのレフト側の飛球は風速5~7mの逆風に戻されていました。もし風を味方につけていれば、ホームランだったかも。そしてバファローズ山本相手にヒットはそこそこ出ていました。打線の調子は悪くなさそうに見えましたよ。

9回が一番盛り上がりました

9回裏バファローズ抑えの漆原を追い込んで、平野佳まで登板させたのは今年のスローガン「この1点をつかみとる」感じで楽しかったです。2死満塁で荻野貴司、さらにもし荻野がでていれば次打者はレオネスマーティン#79でしたからね。4点差をひっくり返す可能性だけは十分ありました。最後の荻野の飛球も逆風でなければ、もしかしたらって打球でしたね。最後に夢を見させていただきました、グラシアス!

9回表は、一推しの河村♯58登板。しっかり3人で締めてくれました。やはり投げっぷりが良いピッチャーですよね。フォークも落ちてましたね。

ファーストはミキティー