G-9GX2DDJGR6

井口監督の「神の手ドラフト」

昨年の藤原恭大#2に続いて、井口監督が4球団競合で見事くじを引いてくれました。まさに「神の手」でしたね。あとは、藤原も佐々木朗希も責任を持って、「一流選手」に育てていくしかないと思います。育てると言っても、ちょっとしたアドバイス程度で成長できる逸材だと思いますので、焦らず見守りたいと思います。

ドラフト1位 佐々木朗希

蓋を開ければ4球団の競合でした。公表しなかったベイスターズやバファローズなどが意外だったことも要因です。やはり石川選手は評価高かったんだね〜。佐々木投手がパリーグに固まって、奥川投手がセリーグに固まったのも面白い傾向でした。佐々木投手に関しては、本人の言う通りストレートを磨きながらも、武器を身に付けたい所です。体力なさそうとか言われてますけど、球自体は一級品ですので早く投球が見てみたいです。やっぱり先発で育てるのかな〜。中継ぎや抑えの方が、特徴出るような気がするんだけど。

ドラフト2位 佐藤 都志也

捕手は、大学生か高校生を指名するだろうとは思ってましたが、2位で獲りに行きました。その時点で、海野選手と郡司捕手なども指名できたのですが、佐藤選手に行ったということは、一番評価が高かったということだと考えます。また東洋大は、清田#1や大地#7のいい流れがありますので、いい指名だったと思います。ただし、この時点で東妻弟が指名される可能性が低くなってしまったのは、残念ではありました。兄弟バッテリーって夢だもんね〜。

ドラフト3位 高部瑛斗

3位は投手で左投手あたりかな〜なんて思っていたのですが、外野手に行きました。もちろん若い外野手も補強ポイントでした。スカウトのコメントを見ると、荻野貴司#0の後継者的な感じなのかな?特に、外野手は年齢が上がってきていますので、次世代の外野手が出てきてほしい!これで若い外野手争いが激化するのが楽しみです。

ドラフト4位 横山 陸人

みもみん待望の「千葉枠」です。でもドラフト4位ですので期待を込めた指名だと思います。右の本格派な投げ方の多いマリーンズですので、東條#20のようにサイドから強いストレートとスライダーを駆使できるピッチャーは、ウェルカムです。また先輩も在籍していますので、原#56も刺激されてそろそろ一軍デビューで素晴らしいピッチングを見たいですね。

ドラフト5位 福田 光輝

ここも投手を獲るのかと思ったら、内野手でした。ポジションはショートですので内野守備はどこでもできそうです。またプロフィールをよく見たら、大阪桐蔭なんですね。なんとなく大阪桐蔭の内野手に期待してしまうのは、野球ファンの心理ではないでしょうか。香月#57の一個下の学年になるのかな?ここも、専大松戸コンビとともに大阪桐蔭コンビで頑張ってほしいです。江村#53もいるけどね〜。

人数が5人で終わったのは、嶋や美馬などと交渉できれば本気で獲りに行けるような人数な感じがしました。鳥谷分の枠も空いてそうな気配。ドラフト後のストーブリーグも楽しそう。荻野、大地、益田#52は残留前提っす。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

こちらも参加しています

スポンサーリンク

Posted by mimomin