G-9GX2DDJGR6

2019年マリーンズドラ1は、誰を指名するべきか

まだシーズンは終わっていませんが、今年は打線も整備され、先発ピッチャーはまだ完全に軸となる投手は出ていませんが、若手の台頭により頭数は揃って来ました。このブログでも何回か出て来ていますが、やはり「中継ぎ&抑え」「魔の8回」は今年のテーマでした。そしてファームでは、安田#5や藤原#2など若手が伸びて来ているのもマリーンズの特徴です。井口監督就任時から撒いてきた種が少しづつ芽が出ている状態です。その中で、今年のマリーンズのドラフト1位は誰がいいのか?勝手な視点で書かせていただきます。

私の結論から先に

ズバリ、「佐々木郎希投手」です。理由は

  1. 毎年即戦力で補充したとして数が足りなそう。戦力整うのはまだ先になりそう(2〜3年後?)
  2. 160キロ出る投手は、そうはいない。素直に「マリンに集客」できる
  3. 高校出の投手の育成に関しては悪くはない。育てられる可能性あり

以上3つです。1の戦力に関しては、ドラフトで即戦力が何人か来て、さらにファームから底上げあって、外国人助っ人が予想外の活躍を見せ、ベテランが凄い成績を残した場合は優勝できますが、なかなかホークスやライオンズに総合力で敵わないということです。であれば、育成型で将来に向かった方が良いと思いました。

星稜の奥川投手も明治の森下投手も、そのほかドラフト1位候補は「いい投手」揃いです。しかし、誰が一番見たいかと問われれば、佐々木投手ではないかと思います。間違いなくマリンの集客とグッズの売り上げに貢献してくれるはずです。

実は同じ理由で、もしタイガースが鳥谷を戦力外にするのであれば、マリーンズが獲るべきと考えています。井口監督も今岡2軍監督もいますし、左の代打である福浦#9の引退もありますので、絶好機です。ただし、鳥谷レベルを放出したら、タイガースという球団の信用下がっちゃうから放出しちゃいけない選手だと思うけど。

過去のマリーンズ高校生ドラフト1位は?

外れ1位を当てるのが得意なマリーンズ

遡ってみましょう

  • 2018年  藤原恭大(高校生野手)
  • 2017年  清宮幸太郎(高校生野手)→安田尚憲(高校生野手)
  • 2016年  田中正義(大学生投手)→佐々木千隼(大学生投手)
  • 2015年  平沢大河(高校生野手)
  • 2014年 中村奨吾(大学生野手)
  • 2013年  石川歩(社会人投手)
  • 2012年 藤浪晋太郎(高校生投手)→松永昂大(社会人投手)
  • 中略
  • 2007年  高校生ドラフト  唐川侑己

というわけで、藤浪投手を指名した以来、マリーンズは高校生投手を指名していません。さらに入団となると、高校生ドラフトの時代の唐川#19になります。唐川を育て上げられたかと言われると、「う〜ん」とはなりますけど。

ただ現在の特に先発投手陣については、下位指名が多いですが、二木#64、種市#63、岩下#46、そして西野#29などしっかりファームで育成してから出て来ているピッチャーが多くいます。自信は持っていいのかもしれません。

競合してもいいんじゃないの

ロッテ時代は、指名して交渉権獲得しても「指名拒否」されていた球団ですが、千葉ロッテマリーンズで認知されてからは、その辺は大丈夫かと思います。パリーグは、ホークス、ファイターズあたりは確実に指名して来そうなので逆に指名ぶつけた方がいいのではないかと考えています。

最後に誤解のないように。今年ドラフト指名して、来年は、奥川投手や森下投手が大活躍してるかもしれません。今の時点でも「全員良い選手」です!総合的に判断すると佐々木郎希投手が良いのではないかな?と考えるみもみんです。ちなみに怪我のリスクって「誰にでもあるので」あんまり気にはしていません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

こちらも参加しています

スポンサーリンク

Posted by mimomin