G-9GX2DDJGR6

4/16 安田の一発に救われるマリーンズ3-3バファローズ

バファローズ先発山岡には手も足も出ませんでしたけど

DAZNで観てましたけど、やはり高校時代にダルビッシュに褒められた山岡はいいピッチャーです。山岡といえばスライダーですけど、今日はストレートのコントロールにたまに投げるチェンジアップとまったく点の取れる気配がなかったです。角中#3は結構タイミングあってた感じでしたけど、途中で交代になっちゃたしね~。結局チャンスはあったけど、7回でマリーンズは1点も取れませんでした。このピッチングでまだ勝ててないのは可哀そうだけど仕方ない

二木#18は粘りのピッチング

今日の二木は、ストレートの軌道があんまりよくなかったのとフォークが落ちていない感じがしました。それでもうまくスライダーや内角のストレートを使って打ち取っている感じでした。調子悪くても、大崩れしなくなったのは成長を感じます(なんか偉そうだけど)7回裏は、安田#5のエラーで少し流れが悪くなっての失点でした。色々可哀そうだったです。でもしっかり試合を作ってくれましたので、さすが開幕投手です。

悪役も主役も安田!

7回裏からそのまま負けていたら、完全な悪役だったかもしれません。自分も7回裏で「あ~負けたか」と思いましたもん。だって、7回まで山岡がまったく打てなかったので、1点差だったらもしかしたら8回か9回で追いつく可能性ありそうじゃないですか!3点差だと正直キツイよね。

そんな負け気分を、安田のホームランで吹き飛ばしてくれました。確かに今日はスイング良かったけど、あの場面でホームランってなかなか打てませんよ。これは、マリーンズの4番としての安田伝説の始まりかもしれません。ホント今シーズンは、チャンスでの安田は頼りになりますね。本人も相当気合が入っていたのか、ダイヤモンドを1周するときの顔つきがいつもと違っていました。他球団からすれば、マーティン#79にレアード#54とホームランを警戒しなきゃいけないバッターが居る中で、さらに安田もマークしなければならないのは、相手にいいプレッシャーを与えられますね。これからも主役は安田!で行きましょう。

8回田中靖、9回益田

正直8回裏も9回裏もヒヤヒヤしてましたが、なんとか零点で抑えきってくれました。中継ぎ陣は連投が続いていますのでさすがに分業状態ですね。となると、7回まで投げてくれた二木は、中継ぎ投手にとってはありがたいピッチングだったと思います。今回の引き分けは「勝ち」に等しい引き分けに見えました。セーブはつかないですけどね・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

 

スポンサーリンク

Posted by mimomin