G-9GX2DDJGR6

拝啓 澤村投手

報道通り海外FAを行使するとの事で、ブログではありますが筆をとりました。FAに関しては選手が長年野球をしてきた中で掴んだ権利ですので、尊重したいと思います。ただ、想いを伝えたいだけで書いてます。乱文お許し下さい。

自分は、昨年まで関東に帰ってきた10年ほどは年間30〜50試合をマリン中心に東京ドームや関東近郊の球場で野球を観てました。しかし、昨年シーズン後から単身赴任になってしまい、今年は1試合しか観に行けない寂しいシーズンでした。しかも、コロナの影響でいつものライトスタンドでも「拍手」しかできない状況でした。もちろん拍手や歓声だけでもマリーンズのファンは選手を応援できますし、マリンのいい雰囲気はファンの気持ちが作っていると思います。

そんな中シーズン途中トレードで移籍してきた澤村投手に喜ばないファンはいなかったと思います。ジャクソンの大麻所持で中継ぎの軸を失っていたマリーンズには、ジャイアンツでの剛腕を知っているファンからしたら、期待しかありませんでした。トレード初日の登板は、澤村投手の登板に釘付けだった事を覚えています。背番号はまだ付けていなかったですが、それ以上のストレートのスピードに、落ちる球の凄さそして、マウンドでの気迫や雄叫びが多くのマリーンズファンの心を虜にしたと思います。もちろん自分も、ジャイアンツでの投球とは少し違う印象を持ちました。

一つ不安があるとすればやはり「コントロール」でしたが、主に田村#22が細かいサイン出してなかったのが、個人的に好きでした。ストレートか落ちる球だけ決めておけば真ん中だけでも打ち取れる凄い球だからです。マリーンズにはなかなかこのような剛球を投げるピッチャーは、伊良部以来?かもしれないです。しかも球速が速すぎました。そして、コントロールの心配を他所にガンガン抑えて勝利に貢献するたびにマリーンズに必要な存在になっていきました。シーズン途中からでしたが、澤村投手のファンになった方が大勢いたはずです!自分もユニ欲しいです!

お願いは一つだけ、

本物のマリンの声援を聞いて欲しい!

これだけです。コロナで大声出せませんので、マリン名物の熱狂的な応援、声援が澤村投手に生で届けられなかったのが、一つ悔いが残ります。マリンでの満員での「選手コール」はそれはそれは痺れます。井口監督の引退試合のイグチコールや福浦コーチ引退試合の福浦コールはそれはそれは泣けるくらい大音量でした。そして、また良い場面で澤村投手がマウンドに上がれば、大声援で迎えられるはずです。というわけで、もしMLBに行ったとしても、NPBに帰ってきた際にはマリーンズへお越しください!もしMLBや他球団との交渉がうまくいかなかった場合には、マリーンズの大声援でお出迎えします(コロナ鎮圧後)

敬具

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

スポンサーリンク

Posted by mimomin