10/9 二木好投、野手は若いチカラでまず1勝!

昨日の雨は残念でしたが、ちょうど福岡への移動もあったのでマリーンズとしてはいい休養になったかもしれないです。古谷#65のデビューは、次にとっておきましょう。さらにチェンウェイン#58もシート打撃でいいピッチングしたとの事ですので、このマリーンズの緊急事態の中いいニュースは有り難いことです。そんな中まずは最近好調の二木#18が7回1失点で好投してくれました。ここ最近のいい状態のままのピッチングでしたね。そういえば、ヒーローインタビューで気づいたのですが、二木の顔が丸くなっているように思えました。今までは身体の線が細い感じしていたのですが、このシーズン中でもしっかり体調を整えていれるのが、好調の要因なのかも。ガッチリしてきて、「投手」って感じの風格が漂ってきた感じがしました。相変わらず四球も1個と少ないのは、さすがです!

もう3年後?5年後?

高部#38の初ヒットは嬉しかったです。藤原恭大#2の猛打賞もありました。本来は3年後とか5年後なんて言われたマリーンズの世代交代が、この緊急事態の中一気に時間が進んでいるような活躍です。これで佐々木朗希#17が登板でもしちゃったら、ドラフトの時の夢がもう現実になっちゃいます。藤原恭大、高部、安田#5、佐藤都#32などこの辺りの野手が何年後かにマリーンズの主軸になっていそうで、夢がありすぎる試合でした。後は、福田光#40あたりがオープン戦のような活躍できるともっと楽しみが膨らみますね。

30歳代投手頑張る!

投手は、澤村#57、益田#52としっかり2点差のまま抑えてくれました。マリーンズのリリーバーは、若手もいますがやはり中堅、ベテランの経験とパワーで持っていますね。もちろん二木が7回まで投げてくれたから7回唐川#19が投げなくて良かったことも大きいです。明日は、勝っていればまた投手を多く使う展開になりそうですので、澤村と益田だけだったことは大きいです。逆に、千葉県松戸市出身のホークス高橋礼は3連投だった事を考えると、雨での中止と投手の使い方がうまくいっているマリーンズだと感じました。

ここまで首位決戦になると、何ゲーム差とかの話が多くなりますが、まだまだマリーンズは一戦ずつ大事に戦っていくしかないので、ゲーム差などは気にしないでプレーしてもらいたいです。澤村のピッチングのようにコントロールは気にせず、ズバズバ全力投球して欲しいですね♪

マリーンズ3-1ホークス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。