G-9GX2DDJGR6

7/22 小島ナイスピッチング!守備でもり立てた!

今日はジムも休養日だったので3回くらいからDAZNで観てました。先発小島#43は、内角、外角の投げ分けと、ストレートとチェンジアップなどの緩急さを巧みに使って強力ライオンズ打線を抑えてました。しかも、柿沼#99や菅野#31などの守備陣が好プレーで盛り立ててましたね。そんな中、相手のワイルドピッチで1点。井上#44のグランドスラムで2点のリードを奪って後半戦へ。

4番安田#5の活躍

チャンスはことごとく4番安田に回ってきました。満塁2回もあったし…。そして、ことごとく打てなかったですけど、誰が4番打っても同じ結果だったと感じます。それよりも、試合に勝ってますので、「いい4番だった!」ってことにしておきましょう。次こそは4番が打って、勝ちたいですねー。

荻野の無事を祈る

古いマリーンズファンは、荻野貴#0と内竜也#21と言えば、「怪我」ということを忘れていません。何度もシーズン棒に振ってるし、この2名が居なくなって調子を落とすのが得意なマリーンズです。もう何度も何度も繰り返してるので、特に不平不満はないですけど、せっかく福田秀#7が帰ってこれそうなタイミングでの荻野の怪我が大したことなければいいけど。祈るのみ!

東條の代役は松永#28

ピンチの場面では、昨年は東條#20登場が一般的でした。さすがに打たれすぎでしたので、今日は松永でしたね。うーん、あんまり調子良さそうではなかったですが、なんとか抑えてくれました。なんとかリリーフ陣の崩壊を防いで欲しいと願います。

胃と心臓に悪いので8回裏と9回裏が見れない病気

1点差での8回や9回は、マリーンズにとって鬼門です。さすがのみもみんも、怖すぎてDAZNで見れなくて、ゲームやってました。なので、結果を知ったのは22時過ぎです。まぁ負けてる覚悟で結果見たら、勝ってました。益田#52は、抑えたには抑えたのですけど、中村奨吾#8のファインプレー2発がなかったらどうなってたことか…。まさに胃と心臓に悪い8回と9回です。

初戦に負けたので6連敗を覚悟していましたが、小島のナイスピッチングに、リリーフ陣が頑張ってくれたおかげで勝ちました。これくらい投手陣が「いつも」安定してると、最初から最後まで試合観たくなるんだけどなぁ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

マリーンズ2-1ライオンズ

スポンサーリンク

Posted by mimomin